文字サイズの変更

運輸安全

2021年度 運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

輸送の安全に関する基本的な方針

私たちは、輸送の安全確保が最重要であることを認識し、絶えず安全性の向上に努めます。また、安全・安心・快適なサービスの提供を宣言します。

輸送の安全に関する目標

  1. バス停発車・停車時の車内安全確認と、車内マイクの活用により車内事故を防止する。
  2. ドライブレコーダーの映像を活用して危険予知力を高める。
  3. 市民に認められる乗務員の育成を目指し、乗務員資質と運転技術の向上を図る。

自動車事故報告規則第2条に規定する事故件数

2020年度は事故2件、車両故障0件でした。

輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

《2020年度安全輸送のために講じた主な措置》

1 安全運転向上

①外部講師による運転・接遇向上研修(乗務経験1年未満)

②旅客自動車運送事業運輸規則第38条に基づく研修(全乗務員)

③安全運転講習会

④適性診断の受診

⑤ドライブレコーダーを活用した危険予知トレーニング

⑥ヒヤリハット「事故の芽」報告制度の実施

⑦優良乗務員表彰の実施

2 その他

①新型コロナウイルス感染防止対策

・全車両に抗菌・抗ウイルス加工の施工

・運行前の検温とマスク着用、車内換気の徹底

②SAS(睡眠時無呼吸症候群)簡易スクリーニング検査の実施

③ストレスチェックの実施

④運行管理者講習

《2021年度安全輸送のために講じようとする主な措置》

1 安全運転向上

①旅客自動車運送事業運輸規則第38条に基づく研修(全乗務員)

②安全運転講習会

③適齢診断の受診

④ドライブレコーダーを活用した危険予知トレーニング

⑤ヒヤリハット情報の活用

⑥優良乗務員表彰の実施

2 車両安全対策

①ドライブレコーダーの更新

②最新の安全対策を搭載した新型車両の導入

・EDSS(ドライバー異常時対応システム)

・バックソナーシステムの設置

・後扉挟みこみ防止の増設等

3 その他

①新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み

②ストレスチェックの実施

③運行管理者講習

輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

別紙①

輸送の安全に関する教育及び研修の計画

《2021年度に実施する主な研修》

別紙②

《2020年度に実施した主な研修》

  研修名 期間
(年度内)
受講者数
1 旅客自動車運送事業運輸規則第38に基づく研修 1・2・3・8・11月 全乗務員
2 安全運転講習会 5・7・9・12月 156名
3 適性診断 1・2・9月 53人
4 事故惹起者研修 3・9月 17名
5 運転・接遇向上研修 12月 8名

伊丹市自動車運送事業安全管理規程

別紙③

※PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
  Adobe Reader ダウンロードページヘ

トップに戻る